脊尾詰ダウンロード 将棋所/ShogiGUI対応版
  (2017年5月20日アップデートリリース)

パナソニック将棋部の中心メンバーの一人である脊尾が、大学在学中にAI分野の探索アルゴリズムを研究した成果として、1997年に史上最長手数の詰将棋「ミクロコスモス」(1525手詰)をコンピュータソフトとして初めて解き、一世を風靡したあと、しばらく化石となってしまっていたあの「脊尾詰」が復活!
Windows版の将棋GUIソフトとして広く使われている「将棋所」に今回対応しました。
同じく、Windows版の将棋GUIソフトとして広く使われている「ShogiGUI」にも対応しています。(2017年5月30日追記)
詰め将棋の解答専用の思考エンジンとなります(指し将棋は非対応です)。

基本的なアルゴリズムは20年前とほとんど変わっていませんが、その間パソコンのハードウェアも進化しましたので、現在でも下記のような用途で十分に実用的に使えるのではと思います。

脊尾詰ダウンロード

下記リンクをクリックしてダウンロードし、圧縮ファイルを解凍してください。

SeoTsume1.2ダウンロード (2017.5.20)

■使用承諾条件 ■Old Version

脊尾詰の動作環境

将棋所が動作する環境であれば、動作するはずです。

使い方

  1. 将棋所またはShogiGUIをあらかじめパソコンにインストールしておきます。
  2. 脊尾詰のzipファイルを任意のフォルダに解凍します。
  3. 将棋所(またはShogiGUI)を起動します。
  4. 将棋所(またはShogiGUI)に脊尾詰の実行ファイル(SeoTsume.exe)を登録します。
  5. ハッシュメモリのサイズを指定します。1997年にミクロコスモスを解いたときのサイズは224MBです。大概の詰将棋はこれで十分ですが、もっと難解な問題を解きたい場合はパソコンの搭載メモリを確認したうえでさらに値を増やすと良いです。
  6. 余詰の確認を実行する場合は、脊尾詰のオプションを設定します。 詰将棋創作以外の用途では設定不要と思います。
     「Do_YoTsume_Search」: 本手順を検出した後、引き続き余詰の検索をするかどうか設定します。
     「YoTsume_Second」: 余詰検索の実行時間(1秒〜3600秒)を秒単位で設定します。
  7. 設定の方法など、詳しい使い方については、将棋所の使い方ページShogiGUIの使い方ページをご覧ください。
  8. 余詰検索をしない場合は、詰手順が1つ見つかるとただちにそれを解答して終了します。思考アルゴリズムの性質上、最短手数で詰めることが保証されないため、稀に変化別詰を解答してしまう場合がありますことをご了承ください(この場合は残念ながら余詰検索の効果はなくなります)。
  9. 余詰検索をする場合は、最初に見つけた詰手順をベースとして、この手順から分岐する別の詰手順を「YoTsume_Second」で設定した時間の間、最大20通りまで検出して表示します。
  10. 余詰検索の終了時には、最初に見つけた詰手順を本解答として出力しますが、途中で中断を押した場合は詰手順が出力されませんのでご注意ください。また迂回手順や非限定手順など、本来余詰ではなくキズとして扱われる手順を余詰として指摘する場合があることをご了承ください。

今週の詰み筋 (連載 Vol.20) 2018.2.3

今回は、2月1日に行われた第76期順位戦A級10回戦豊島将之八段vs三浦弘行九段戦をご紹介します。

この日はA級順位戦のラス前ということで、全5局一斉に行われました。豊島八段はA級初参加ながらここまで6勝2敗で単独トップを走っています。この対局に勝てば、名人挑戦に向けて大きく前進します。逆に、三浦九段はここまで3勝5敗と黒星が先行していて、順位が11位ということもあり、この対局に敗れるとB1への降級が決まってしまいます。双方にとって、重要一局です。

豊島八段の先手で横歩取りになり、後手の三浦九段が「横歩取り△3三桂戦法」を選択しました。昔からよくある戦法ですが、近年の流行形からは外れた、やや珍しい選択と言えます。△3三桂戦法は超急戦になる変化もありますが、豊島八段が穏やかな指し方を選んだため、持久戦へと進みました。

第1図は48手目、三浦九段が△8四歩と突いて、銀冠への組み換えを目指した局面です。後手が美濃囲いに構えているのが現代的で、以前は△7二玉△6二金型の金無双が定番でした。昔からの定跡形に現代的な感覚をミックスすることで、新たな可能性が生まれて来るということでしょうか。



第1図以下、実戦の進行は、
▲8五歩 △同 歩 ▲同 桂 △8三銀 (途中図) ▲5五角 △7二金 ▲3六飛 △4二角 ▲7九金 (第2図)



第1図まで、先手陣は飽和してきており、動かす駒が難しくなっています。後手の銀冠が完成する前にということで、▲8五歩と合わせて桂馬を跳ねて行きました。途中図の△8三銀に代えて△8四歩ならば▲9三桂成として、端へ殺到しようということです。後手陣は端から攻められると6二の銀が壁銀になっていて逃げ道がなく、危険を察知した三浦九段は△8三銀として端攻めへ備えました。

先手もこれ以上端から攻めるのは戦力が足りないため、矛先を変えて▲5五角から▲3六飛で3筋に揺さぶりをかけました。▲3三角成を防いで△4二角と受けた手に対して、今度は一転して▲7九金と自陣を引き締めて、相手に手を渡します(第2図)。

お互いに指し手の難しい神経戦が、第2図の後もしばらく続いて行きました。自陣を整備しながら、相手陣の隙を伺います。


局面は進んで、第3図。後手は美濃囲いのままだと、先手の2八角に睨まれて危険と見て、5二玉の中住まいに組み替えました。後手は桂馬を得しましたが、歩切れであり、逆に先手は歩をたくさん持っています。先手陣はコンパクトにまとまっており、形勢のバランスは取れているようです。



第3図以下、実戦の進行は、
▲5六飛 △同 飛 ▲同 歩 △2六歩 ▲同 歩 △3六桂 ▲3九角 △4八桂成 ▲同 角 (途中図) △4五桂 ▲4六歩 △4四銀 ▲4五歩 △同 銀 (第4図)

 

第3図では、後手は次に左右の桂馬を中央に跳ねて、先手陣の弱点である5七の地点へ殺到する筋を狙いにしています。先手陣は飛車の打ち込みの隙がなく、飛車交換に強い陣形になっていますので、▲5六飛とぶつけて飛車交換を挑みました。

飛車交換後、後手は△3六桂の角銀両取りをかけて、途中図で駒の損得は後手の銀得に広がりました。しかし後手は依然として歩切れが痛いところで、もし持駒に歩が一枚でもあれば、△4五桂から△5七歩の筋が生じて後手が勝勢になるところです。

途中図から、後手は遊んでいる4二の角を働かせるべく、△4五桂から△4四銀として、桂馬を犠牲に自陣の駒を捌いていきます。第4図に至り、先手陣に銀でプレッシャーをかけつつ、歩切れを解消することが出来ました。


局面は進んで、第5図。形勢は、飛車2枚を手中にした後手の三浦九段が有利に傾いています。第5図では△4五銀と桂馬を外して、自陣の憂いを解消しながら先手の玉頭に迫る手も有力でしたが。。



第5図以下、実戦の進行は、
△2九飛 ▲3九金 △1九飛成 ▲8三歩成 △同 銀 ▲4一銀 △同 玉 ▲6二角成 (途中図) △3六桂 ▲6三馬 △5二銀 ▲5一金 △同 玉 ▲7三馬 (第6図)

 

第5図から、後手は持駒の飛車を2九に打ち込んで、銀を入手した後の△4九銀を含みに、攻め合いを目指しました。対して先手は、一旦▲3九金で飛車取りに当てて、1九の香車を取らせました。この判断が後の王手飛車取りの伏線になりました。

途中図から、後手は△3六桂と打って、先手陣への攻勢を強めました。対して、▲6三馬と引いた手が好手で、以下、後手がどう応じても、馬による王手龍取りを逃れることが出来ません。本譜の▲5一金の筋もうっかりしやすいところで、第6図で王手龍取りが実現して、形勢は逆転。先手の豊島八段が優勢になりました。


局面は進み、問題図は▲5三龍の王手に対して、後手が5一にいた玉を4一に逃げた局面です。一手争いの最終盤で、先手玉と後手玉共に詰むや詰まざるやという、際どい局面です。



【問題図1からの詰め手順】
▲3三桂 △3一玉 ▲5一龍 △2二玉 ▲2一龍 △3三玉 ▲3四銀 △同 銀 ▲同 歩 △4四玉 ▲5五銀 (途中図) △5三玉 ▲5一龍 △6三玉 ▲5四銀 △7三玉 ▲5三龍 △6三桂 ▲同銀成 △同 香 ▲6五桂 △8二玉 ▲7二桂成 △同 玉 ▲7三桂成 △8一玉 ▲8二成桂 まで27手詰
  (SeoTsume1.2 探索局面90163  思考時間0秒)

 

▲3三桂以下、平凡に龍で追い回します。途中図の▲5五銀打の捨て駒が好手で、王手龍取りをかけた1九の馬がここに来て再度、働いてきました。以下、後手玉を左辺に追い込んで行き、最後は馬の利きを生かしてピッタリと詰め上がります。


実戦では、1分将棋の秒読みの中、上記の詰み筋を発見出来なかった豊島八段が▲2四桂と詰めろで迫った局面が、問題図2です。先手陣は左辺の逃げ道が広く、一見すると詰みはなさそうに見えますが、どうでしょうか。



【問題図2からの詰め手順】
△4八桂成 ▲5七玉 △5六銀 ▲同 玉 △3六飛成 ▲6七玉 △4五角 ▲7七玉 (途中図) △6六龍 ▲同 玉 △6五金 ▲7七玉 △7六金 ▲同 玉 △7五金 ▲7七玉 △8五桂 ▲8八玉 △8七歩 ▲同 玉 △8六歩 ▲9六玉 △8七銀 まで23手詰
  (SeoTsume1.2 探索局面322149  思考時間1秒)

 

途中図で、△6六龍と捨ててしまうのが好手で、以下、持駒の金でしっかりと上部を押さえて、先手玉の脱出を防ぎます。実戦では、初手△4八桂成に▲同玉と応じたため、△5八金以下短手数で詰んで、先手の投了となりました。

本局は、序盤から中盤にかけての息詰まる攻防戦と、最終盤のお互いに詰むや詰まざるやの局面が印象的で、形勢も二転三転した熱戦でした。豊島八段の名人挑戦と三浦九段の残留争いは、ともに最終局へ持ち越しになりました。

■「今週の詰み筋」バックナンバー


パナソニック将棋部ホームに戻る

inserted by FC2 system inserted by FC2 system