脊尾詰ダウンロード 将棋所/ShogiGUI対応版
  (2017年5月20日アップデートリリース)

パナソニック将棋部の中心メンバーの一人である脊尾が、大学在学中にAI分野の探索アルゴリズムを研究した成果として、1997年に史上最長手数の詰将棋「ミクロコスモス」(1525手詰)をコンピュータソフトとして初めて解き、一世を風靡したあと、しばらく化石となってしまっていたあの「脊尾詰」が復活!
Windows版の将棋GUIソフトとして広く使われている「将棋所」に今回対応しました。
同じく、Windows版の将棋GUIソフトとして広く使われている「ShogiGUI」にも対応しています。(2017年5月30日追記)
詰め将棋の解答専用の思考エンジンとなります(指し将棋は非対応です)。

基本的なアルゴリズムは20年前とほとんど変わっていませんが、その間パソコンのハードウェアも進化しましたので、現在でも下記のような用途で十分に実用的に使えるのではと思います。

脊尾詰ダウンロード

下記リンクをクリックしてダウンロードし、圧縮ファイルを解凍してください。

SeoTsume1.2ダウンロード (2017.5.20)

■使用承諾条件 ■Old Version

脊尾詰の動作環境

将棋所が動作する環境であれば、動作するはずです。

使い方

  1. 将棋所またはShogiGUIをあらかじめパソコンにインストールしておきます。
  2. 脊尾詰のzipファイルを任意のフォルダに解凍します。
  3. 将棋所(またはShogiGUI)を起動します。
  4. 将棋所(またはShogiGUI)に脊尾詰の実行ファイル(SeoTsume.exe)を登録します。
  5. ハッシュメモリのサイズを指定します。1997年にミクロコスモスを解いたときのサイズは224MBです。大概の詰将棋はこれで十分ですが、もっと難解な問題を解きたい場合はパソコンの搭載メモリを確認したうえでさらに値を増やすと良いです。
  6. 余詰の確認を実行する場合は、脊尾詰のオプションを設定します。 詰将棋創作以外の用途では設定不要と思います。
     「Do_YoTsume_Search」: 本手順を検出した後、引き続き余詰の検索をするかどうか設定します。
     「YoTsume_Second」: 余詰検索の実行時間(1秒〜3600秒)を秒単位で設定します。
  7. 設定の方法など、詳しい使い方については、将棋所の使い方ページShogiGUIの使い方ページをご覧ください。
  8. 余詰検索をしない場合は、詰手順が1つ見つかるとただちにそれを解答して終了します。思考アルゴリズムの性質上、最短手数で詰めることが保証されないため、稀に変化別詰を解答してしまう場合がありますことをご了承ください(この場合は残念ながら余詰検索の効果はなくなります)。
  9. 余詰検索をする場合は、最初に見つけた詰手順をベースとして、この手順から分岐する別の詰手順を「YoTsume_Second」で設定した時間の間、最大20通りまで検出して表示します。
  10. 余詰検索の終了時には、最初に見つけた詰手順を本解答として出力しますが、途中で中断を押した場合は詰手順が出力されませんのでご注意ください。また迂回手順や非限定手順など、本来余詰ではなくキズとして扱われる手順を余詰として指摘する場合があることをご了承ください。

今週の詰み筋 (連載 Vol.27) 2018.8.11

今回は、8月5日に行われた第4期叡王戦段位別予選九段戦谷川浩司九段vs森内俊之九段戦をご紹介します。

段位別に分かれて行われている叡王戦の予選のAブロックの1回戦で、永世名人対決の重量級の好カードが実現しました。

戦型は、後手の森内九段の注文で矢倉模様の出だしとなる中、先手の谷川九段は米長矢倉の布陣に組み、積極的に仕掛けます。(第1図)



第1図以下、実戦の進行は、
▲3五歩 △同 歩 ▲5五歩 △同 歩 ▲5三歩 (途中図) △2四角 ▲7九玉 △3六歩 ▲3九飛 △9五歩(第2図)

 

「開戦は歩の突き捨てから」ということで、谷川九段は3筋と5筋の歩を立て続けに突き捨ててから5筋に歩を垂らして、手を渡しました。(途中図)

▲5三歩は、いつでも▲5二歩成を見せて、後手の8二飛の動きを牽制するのと同時に、後手の角筋を止めた手です。ならばと、森内九段は△2四角と出て、逆方向から先手陣に睨みを利かせました。

△3六歩(▲同銀なら△4六角)と味良く突き出されて、▲3九飛は利かされた格好(先手の飛車の働きが悪い)で、結果的に3筋の突き捨てを後手に逆用される形になってしまいました。先手は歩切れも痛く、9筋から反撃に転じた第2図は、後手優勢となりました。


局面は進んで、第3図。後手の森内九段が快調に攻めていますが、谷川九段も攻防に利く要所に角(5四角)を設置して、逆転のチャンスをうかがっています。



第3図以下、実戦の進行は、
△9七桂成 ▲同 角 △9五香 ▲6四角 (途中図) △9八香成 ▲4一と △2二玉 ▲3四桂 (第4図)

 

第3図では、じっと△4七飛成と駒を補充しておく手も有力でしたが、▲5五銀と出られてはうるさいと見て、△9七桂成から一気の寄せを狙いました。

先手も、「遊んでいた角ならば」と、角銀交換で刺し違えます(途中図)。途中図からもし△6四同歩だと、▲4四桂、△同銀、▲3四桂とされて、先手の寄せが早くなってしまうので、後手は角を放置して△9八香成と詰めろをかけました。

厳しい状況に追い込まれた先手は、▲4一とで王手をかけました。後手は、と金を取る(△同玉)か逃げる(△2二玉)か迷うところですので、▲4一とは終盤の勝負手です。△同玉も有力でしたが、本譜は△2二玉と逃げました。


第4図以下、実戦の進行は、
△1二玉 ▲5八金寄 △6四歩 ▲4二と (途中図) △8九成香 ▲6八玉 △7六桂 ▲同 角 (問題図)



第4図の▲3四桂は、もし△同銀と桂馬を取られた場合は、▲5五角の王手で角を逃げたあとで、先手玉への詰めろを受けようという意味です。

途中図の▲4二とで、後手玉に詰めろ(▲2一銀以下)がかかり、にわかに局面はきわどい勝負形になってきました。先手玉に詰みがあるかどうか、という局面です。

後手は、先手玉を即詰みに討ち取るか、もしくは先手玉に王手をかけていく課程で5四の角を手順に取るなどして自玉を安全にするか、どちらかを達成する必要があります。

△7六桂は大事な一手で、角を7六に移動させることにより、この後7九に龍が来る形になったときに、龍で7六の角を取る変化が発生します。




【問題図からの詰め手順】
△5六桂 ▲同 銀 △7九角 ▲同 金 △同飛成 ▲5七玉 △5六歩 ▲同 玉 △5五歩 ▲同 玉 △4四金 ▲6四玉 △6一香 ▲6三桂 △同 香 ▲同 玉 △7一桂 (途中図)
▲6四玉 △5五銀 ▲同 銀 △6三歩 ▲6五玉 △8五飛 ▲同 角 △7五龍 ▲5六玉 △5五龍 ▲4七玉 △4六龍 ▲3八玉 △3七銀 ▲2七玉 △2六龍 ▲1八玉 △2八銀成 まで35手詰
  (SeoTsume1.2 探索局面960549  思考時間3秒)

 

問題図から、△7九角と王手する前に、先に△5六桂を打っておくのが急所の一手でした。問題図で△5六桂ならば、▲同銀の一手に限定することが出来ます。

その後の詰み手順は、先手玉を上部に追い立てて入玉まで許した上で(途中図)、その後、再度下段に落としていく手順になります。手順中、△8五飛の華麗な捨て駒が決め手です。

このような難解な詰め手順と、本譜の詰まなかった手順との対比を見ると、かつて米長邦雄永世棋聖がおっしゃった、古典詰将棋を解くのが大事だというのも、納得が出来ます。

本譜は、問題図から△5六桂としないで、単に△7九角と打ち、以下、▲同金、△同飛成、▲5七玉、△5六香としたため、▲同銀とは取ってもらえず、▲4八玉と逃がられて、以下不詰となり、最後は先手の逆転勝ちとなりました。本譜は結果的に詰まなかったのですが、詰ますのを早めにあきらめて、どこかのタイミングで△7六龍と角を取っておく手はあったようです。


本局は、米長流急戦矢倉の熱戦で、後手の森内九段が優勢に進めていましたが、終盤の谷川九段の猛烈な追い込みにより、先手玉が詰むかどうかのきわどい勝負になりました。こういったギリギリの局面が詰むかどうかは、実戦、特に秒読みの中では運に左右される部分もあって、結果的に詰めばツキがあった、詰まなければ今日は勝ち運がなかった、と感じることが多いのが実情だと思います。

■「今週の詰み筋」バックナンバー


パナソニック将棋部ホームに戻る

inserted by FC2 system inserted by FC2 system