脊尾詰ダウンロード 将棋所対応版
  (2017年5月20日アップデートリリース)

パナソニック将棋部の中心メンバーの一人である脊尾が、大学在学中にAI分野の探索アルゴリズムを研究した成果として、1997年に史上最長手数の詰将棋「ミクロコスモス」(1525手詰)をコンピュータソフトとして初めて解き、一世を風靡したあと、しばらく化石となってしまっていたあの「脊尾詰」が復活!
Windows版の将棋GUIソフトとして広く使われている「将棋所」に今回対応しました。
詰め将棋の解答専用の思考エンジンとなります(指し将棋は非対応です)。

基本的なアルゴリズムは20年前とほとんど変わっていませんが、その間パソコンのハードウェアも進化しましたので、現在でも下記のような用途で十分に実用的に使えるのではと思います。

脊尾詰ダウンロード

下記リンクをクリックしてダウンロードし、圧縮ファイルを解凍してください。

SeoTsume1.2ダウンロード (2017.5.20)

■使用承諾条件 ■Old Version

脊尾詰の動作環境

将棋所が動作する環境であれば、動作するはずです。

使い方

  1. 将棋所をあらかじめパソコンにインストールしておきます。
  2. 脊尾詰のzipファイルを任意のフォルダに解凍します。
  3. 将棋所を起動します。
  4. 将棋所に脊尾詰の実行ファイル(SeoTsume.exe)を登録します。
  5. ハッシュメモリのサイズを指定します。1997年にミクロコスモスを解いたときのサイズは224MBです。大概の詰将棋はこれで十分ですが、もっと難解な問題を解きたい場合はパソコンの搭載メモリを確認したうえでさらに値を増やすと良いです。
  6. 余詰の確認を実行する場合は、脊尾詰のオプションを設定します。 詰将棋創作以外の用途では設定不要と思います。
     「Do_YoTsume_Search」: 本手順を検出した後、引き続き余詰の検索をするかどうか設定します。
     「YoTsume_Second」: 余詰検索の実行時間(1秒〜3600秒)を秒単位で設定します。
  7. 設定の方法など、詳しい使い方については、将棋所の使い方ページをご覧ください。
  8. 余詰検索をしない場合は、詰手順が1つ見つかるとただちにそれを解答して終了します。思考アルゴリズムの性質上、最短手数で詰めることが保証されないため、稀に変化別詰を解答してしまう場合がありますことをご了承ください(この場合は残念ながら余詰検索の効果はなくなります)。
  9. 余詰検索をする場合は、最初に見つけた詰手順をベースとして、この手順から分岐する別の詰手順を「YoTsume_Second」で設定した時間の間、最大20通りまで検出して表示します。
  10. 余詰検索の終了時には、最初に見つけた詰手順を本解答として出力しますが、途中で中断を押した場合は詰手順が出力されませんのでご注意ください。また迂回手順や非限定手順など、本来余詰ではなくキズとして扱われる手順を余詰として指摘する場合があることをご了承ください。

今週の詰み筋 (連載 Vol.5) 2017.5.20

今回は少し古い将棋ですが、2011年6月8日に行われた第70期A級順位戦1回戦の渡辺明竜王vs.郷田真隆九段戦を取り上げます。
この将棋は、角換わり腰掛銀の先後同型から、先手有利とさせる「富岡流」の定跡に後手の郷田九段が果敢に挑んだものの、定跡どおりの手順でそのまま負かされたという、有名な将棋です。



第1図の▲1一角は、1992年に丸山九段が対米長九段戦で指した「丸山新手」を応用したものです(→オリジナルの丸山vs米長戦は第1図とは少し局面が異なります)。
それに対して△2八馬で飛車の逃げ場を問うのが定跡となっていて、1990年代前半以降2009年に「富岡流」が登場するまでは、▲4九飛もしくは▲6九飛と逃げて以下ほぼ互角の戦いとされていました。

第1図以下、渡辺vs郷田戦の進行は、
△2八馬、▲4四角成、△3九馬(28)、▲2二歩打、△同 金、▲3三銀打、△同桂、▲同歩成、
△4一玉、▲2二と   (第2図)



第1図から△2八馬に、飛車を見捨てて▲4四角成と銀を取って攻め合うのが「富岡流」の新手です。
富岡流の登場以降、この先後同型の定跡は次第に先手有利と見られるようになっていきました。

第2図以下、渡辺vs郷田戦の進行は、
△4九馬、▲7四桂打、△同金、▲5三馬、△5八馬、▲7二歩打、△同 飛、▲6二金打、
△4二金打、▲4五桂、△5三金、▲同桂成、△6二飛、▲同成桂   (第3図)



後手玉は受けなしとなりましたが、持ち駒をたくさん蓄えたので、第3図から先手玉を詰ましにかかります。
△6八銀打、▲8八玉  まで85手で先手の勝ち   (図省略)

△6八銀打を取れば先手玉は詰みますが、▲8八玉と逃げて詰みません。
「もしや」と思い、脊尾詰で試してみましたが、やはり詰まないようです。
この対局当時、第3図の局面が詰まないことは若手棋士の研究で事前に知られていたそうで、楽に勝てた(?)渡辺竜王は将棋を指した気がしなかったことでしょう。

実は私(脊尾)も、2012年頃から数年間、後手側を持って指すことが割と多かったです。
私が当時、個人的に研究していたのは、第3図に至る手順で△8六歩の突き捨てが事前に入らないか、という点です。
もし仮に、第3図の前に「△8六歩、▲同歩」の2手が入っていれば、下記の問題図の局面になります。



△9七角打、▲同 香(99)、△5九飛打、▲8八玉(79)、△8七銀打、▲同 金(78)、△7八金打、▲同 玉(88)
△6九馬(58)、▲6七玉(78) 、△5八飛成(59)
   (SeoTsume1.2 探索局面数31274  思考時間0秒)



△9七角打の捨て駒で華麗に詰みます。他にも、初手△6九飛打などでも詰みます。
「△8六歩、▲同歩」に代えて、「△8六歩、▲同銀」が事前に入っていても、やはり簡単に詰みます。

問題は、どのタイミングで△8六歩の突き捨てを入れたら良いか、ということです。
私が当時、実戦で指していたときは、第1図のあたりで入れていました。
しかしそうすると、先手も危険を察して、富岡流にしないで従来の定跡(飛車を4九か6九に逃げる変化)を選んできて、こちらが期待する局面にはなりませんでした。
従来の穏やかな定跡になると、余分に渡した一歩が▲7四歩や▲1三歩の厳しい手に代わってしまい、なかなか勝てず、次第に「富岡流」への挑戦は選ばなくなっていきました。

いまあらためて検討すると、第1図でなく、第2図の局面でも△8六歩は利きそうですね。(→参考図)



しかし、△8六歩、▲同歩、△4九馬、と進んだ局面で、▲7四桂としないで▲6七銀と金取りを受けておいて先手優勢(技巧2で先手プラス800点前後)のようですので、やはり結論は変わらないようです。

以上のように、今回は奏功しませんでしたが、従来の定跡(特に古い定跡)を将棋ソフトを使って洗いなおしてみると、新たな発見で結論がひっくり返る可能性があるかもしれません。

■「今週の詰み筋」バックナンバー


パナソニック将棋部ホームに戻る

inserted by FC2 system inserted by FC2 system