脊尾詰ダウンロード 将棋所/ShogiGUI対応版
  (2017年5月20日アップデートリリース)

パナソニック将棋部の中心メンバーの一人である脊尾が、大学在学中にAI分野の探索アルゴリズムを研究した成果として、1997年に史上最長手数の詰将棋「ミクロコスモス」(1525手詰)をコンピュータソフトとして初めて解き、一世を風靡したあと、しばらく化石となってしまっていたあの「脊尾詰」が復活!
Windows版の将棋GUIソフトとして広く使われている「将棋所」に今回対応しました。
同じく、Windows版の将棋GUIソフトとして広く使われている「ShogiGUI」にも対応しています。(2017年5月30日追記)
詰め将棋の解答専用の思考エンジンとなります(指し将棋は非対応です)。

基本的なアルゴリズムは20年前とほとんど変わっていませんが、その間パソコンのハードウェアも進化しましたので、現在でも下記のような用途で十分に実用的に使えるのではと思います。

脊尾詰ダウンロード

下記リンクをクリックしてダウンロードし、圧縮ファイルを解凍してください。

SeoTsume1.2ダウンロード (2017.5.20)

■使用承諾条件 ■Old Version

脊尾詰の動作環境

将棋所が動作する環境であれば、動作するはずです。

使い方

  1. 将棋所またはShogiGUIをあらかじめパソコンにインストールしておきます。
  2. 脊尾詰のzipファイルを任意のフォルダに解凍します。
  3. 将棋所(またはShogiGUI)を起動します。
  4. 将棋所(またはShogiGUI)に脊尾詰の実行ファイル(SeoTsume.exe)を登録します。
  5. ハッシュメモリのサイズを指定します。1997年にミクロコスモスを解いたときのサイズは224MBです。大概の詰将棋はこれで十分ですが、もっと難解な問題を解きたい場合はパソコンの搭載メモリを確認したうえでさらに値を増やすと良いです。
  6. 余詰の確認を実行する場合は、脊尾詰のオプションを設定します。 詰将棋創作以外の用途では設定不要と思います。
     「Do_YoTsume_Search」: 本手順を検出した後、引き続き余詰の検索をするかどうか設定します。
     「YoTsume_Second」: 余詰検索の実行時間(1秒〜3600秒)を秒単位で設定します。
  7. 設定の方法など、詳しい使い方については、将棋所の使い方ページShogiGUIの使い方ページをご覧ください。
  8. 余詰検索をしない場合は、詰手順が1つ見つかるとただちにそれを解答して終了します。思考アルゴリズムの性質上、最短手数で詰めることが保証されないため、稀に変化別詰を解答してしまう場合がありますことをご了承ください(この場合は残念ながら余詰検索の効果はなくなります)。
  9. 余詰検索をする場合は、最初に見つけた詰手順をベースとして、この手順から分岐する別の詰手順を「YoTsume_Second」で設定した時間の間、最大20通りまで検出して表示します。
  10. 余詰検索の終了時には、最初に見つけた詰手順を本解答として出力しますが、途中で中断を押した場合は詰手順が出力されませんのでご注意ください。また迂回手順や非限定手順など、本来余詰ではなくキズとして扱われる手順を余詰として指摘する場合があることをご了承ください。

今週の詰み筋 (連載 Vol.29) 2018.10.13

今回は、10月4日に行われた第68期王将戦挑戦者決定リーグ渡辺明棋王 vs 佐藤天彦名人をご紹介します。

久保王将への挑戦権をかけて7人で戦う王将リーグは、渡辺棋王はここまで0勝1敗。佐藤名人は、この対局がリーグ戦の初戦となります。

第1図は、角換わり腰掛銀の流行形。先手の渡辺棋王が玉を8八に入城したのに対し、後手の佐藤名人は玉を4二と5二の間で行き来して、手待ちを繰り返しました。



第1図以下、実戦の進行は、
▲4五桂 △4四銀 ▲2四歩 △同 歩 ▲同 飛 △2三歩 ▲2九飛 (途中図) △6五歩 ▲同 歩 △7五歩 ▲6九飛 (第2図)

 

玉を8八に囲って機は熟したとして、仕掛けを敢行しました。▲4五桂の前に3筋の歩を突き捨てるかどうかは微妙なところですが、単騎跳ねの方が勝るとの判断でした。▲4五桂の他には、▲4五歩と位を取ってから、▲4六角と自陣角を打っておく手も考えられるところです。

▲4五桂に対し、△2二銀と引いて次に△4四歩と桂馬を取りに来る手も考えられますが、それに対しては▲2四歩で2筋の歩を交換した後、▲7五歩の桂頭攻めや▲5三桂成と捨てて玉形を乱す手段があって、△2二銀は指しきれないということで、本譜は△4四銀でした。

▲2九飛まで(途中図)の局面で、次に先手からは▲7五歩の桂頭攻めの他に、▲2五角という異筋の角打ちの狙い(次に3四角から2三角成)があります。▲2五角は大変打ちにくい角ですが、この戦型ではよく出て来る手筋の角打ちです。

じっとしていると先手が良くなるということで、後手は△6五歩から反撃に転じました。△7五歩に対し▲同歩と取るのは、△6五桂と跳ねられて銀の逃げ場所がありません。▲6九飛と反撃含みに△6五桂を防いだのが第2図です。


局面は進んで、第3図。先手の玉形を乱しながら、飛車先の歩を交換した局面です。



第3図以下、実戦の進行は、
△6八歩 ▲2九飛 △6九角 ▲6四歩 △7四歩 ▲5八角 (途中図) △9五歩 ▲同 歩 △4五銀 ▲同 歩 △6五銀 (第4図)

 

攻守ところを代えて、後手の必死の攻めを先手が全力で受け止める、という展開となっています。第3図で、後手から攻めの継続が難しそうに思える局面ですが、△6八歩が軽手でした。▲同飛と取られて何でもなさそうに見えますが、それには△5九角、▲5八飛、△8六角成、▲同金、△同飛、▲8七銀、△6六飛で後手優勢となります。

△6九角と打ち込んだ手に対して、▲7四歩と桂馬を取りに行くのは、△6五桂、▲同銀右、△同銀、▲同銀、△8五歩の攻めが厳しく、これも後手優勢になります。

途中図の▲5八角は難しい手ですが、遊んでいる4八の金を玉の守りに近づける狙いです。後手は9筋を突き捨てた後、4五の桂馬を食いちぎってから△6五銀とぶつけて行きました。激しく先手玉に迫っていますが、後手玉があまり堅くないのと、6四に垂れている歩も大きく、先手がうまく受ければ後手の攻めを余せそうな局面です。


局面は進んで、第5図。△9五香と、端の香車を捨てた手に対して、▲同香と応じた局面です。



第5図以下、実戦の進行は、
△9八銀 ▲7五銀 △8七銀成 ▲同 銀 △7五歩 ▲5五桂 (途中図) △9九銀 ▲同 玉 △8七角成 (第6図)

 

△9八銀と厳しく迫りましたが、先手は▲7五銀と急所の桂馬を外した後、▲5五桂と急所に一発入ったのが大きく、途中図では先手が優勢になりました。

△9八銀のところでは、△9九銀とより厳しく攻める手が有力だったようで、以下、▲7九玉、△8七桂成、▲同銀引に、△3八金と打つ手が好手で、形勢不明の終盤戦が続くところでした。

途中図から△9九銀に対して、▲9七玉と逃げても先手が優勢でしたが、本譜は▲同玉と取り、決着をつけに行きました。

第6図は、先手玉は受けなし、後手玉には即詰みはない、という局面です。先手は、後手玉に王手の連続で迫りながら、手順に先手玉への詰めろをほどく必要があります。第6図から王手を続けて、10手進んだ局面が第7図です。


第7図以下、実戦の進行は、
▲5六香 △5五桂 (問題図)

 

▲5六香に対して、△6四玉と逃げるのは▲5五銀以下詰むので、銀か桂馬を合駒することになります。△5五銀と合駒をすれば、以下、▲同香、△6四玉となり、後手玉に王手が続かなくなって即詰みはないのですが、銀を使ったことで先手玉への詰めろがほどけるため、先手の勝ちとなります。

よって△5五桂と合駒をしますが、ここに至ってようやく詰み筋に入りました。△5五桂の局面が、問題図です。


【問題図からの詰め手順】
▲5五同香 △同 玉 ▲5六歩 △同 玉 ▲4七金 △5五玉 ▲4六銀 6四玉 ▲5六桂 △7三玉 ▲6四銀 △8二玉 ▲7三銀打 △同 金 ▲同銀成 △同 玉 ▲6四金 △7二玉 ▲7三金打 △6一玉 ▲2一龍 △5一香 ▲6二歩 △5二玉 (途中図)
▲8五角 △同 飛 ▲5三金 △同 玉 ▲5一龍 △4三玉 ▲4一龍 △4二角 ▲4四香 △同 金 ▲同 歩 △3三玉 ▲4三歩成 △2四玉 ▲2一龍 △2三香 ▲2五金 △1三玉 ▲1一龍 △1二銀 ▲1四金 △同 玉 ▲1二龍 △1三銀 ▲1五銀 △同 角 ▲同 歩 △2四玉 ▲2六香 △2五歩 ▲3三角   まで55手詰
  (SeoTsume1.2 探索局面16099703  思考時間43秒)

 

玉が広くて変化が多いため、詰みを読むのが難儀ですが、眠っていた▲2三の龍を活用して詰みます。実戦では、上記手順の7手目の▲4六銀のところで、▲5六歩と打ち、より短い手数で詰ませました。


本局は、後手の佐藤名人の必死の反撃を、先手の渡辺棋王が全力で受け止める展開となり、途中で▲5五桂から反撃に転じた渡辺棋王の勝利となりました。渡辺棋王は王将リーグ戦の星を1勝1敗の五分に戻し、佐藤名人は黒星スタートとなりました。

■「今週の詰み筋」バックナンバー


パナソニック将棋部ホームに戻る

inserted by FC2 system inserted by FC2 system