脊尾詰ダウンロード 将棋所/ShogiGUI対応版
  (2017年5月20日アップデートリリース)

パナソニック将棋部の中心メンバーの一人である脊尾が、大学在学中にAI分野の探索アルゴリズムを研究した成果として、1997年に史上最長手数の詰将棋「ミクロコスモス」(1525手詰)をコンピュータソフトとして初めて解き、一世を風靡したあと、しばらく化石となってしまっていたあの「脊尾詰」が復活!
Windows版の将棋GUIソフトとして広く使われている「将棋所」に今回対応しました。
同じく、Windows版の将棋GUIソフトとして広く使われている「ShogiGUI」にも対応しています。(2017年5月30日追記)
詰め将棋の解答専用の思考エンジンとなります(指し将棋は非対応です)。

基本的なアルゴリズムは20年前とほとんど変わっていませんが、その間パソコンのハードウェアも進化しましたので、現在でも下記のような用途で十分に実用的に使えるのではと思います。

脊尾詰ダウンロード

下記リンクをクリックしてダウンロードし、圧縮ファイルを解凍してください。

SeoTsume1.2ダウンロード (2017.5.20)

■使用承諾条件 ■Old Version

脊尾詰の動作環境

将棋所が動作する環境であれば、動作するはずです。

使い方

  1. 将棋所またはShogiGUIをあらかじめパソコンにインストールしておきます。
  2. 脊尾詰のzipファイルを任意のフォルダに解凍します。
  3. 将棋所(またはShogiGUI)を起動します。
  4. 将棋所(またはShogiGUI)に脊尾詰の実行ファイル(SeoTsume.exe)を登録します。
  5. ハッシュメモリのサイズを指定します。1997年にミクロコスモスを解いたときのサイズは224MBです。大概の詰将棋はこれで十分ですが、もっと難解な問題を解きたい場合はパソコンの搭載メモリを確認したうえでさらに値を増やすと良いです。
  6. 余詰の確認を実行する場合は、脊尾詰のオプションを設定します。 詰将棋創作以外の用途では設定不要と思います。
     「Do_YoTsume_Search」: 本手順を検出した後、引き続き余詰の検索をするかどうか設定します。
     「YoTsume_Second」: 余詰検索の実行時間(1秒〜3600秒)を秒単位で設定します。
  7. 設定の方法など、詳しい使い方については、将棋所の使い方ページShogiGUIの使い方ページをご覧ください。
  8. 余詰検索をしない場合は、詰手順が1つ見つかるとただちにそれを解答して終了します。思考アルゴリズムの性質上、最短手数で詰めることが保証されないため、稀に変化別詰を解答してしまう場合がありますことをご了承ください(この場合は残念ながら余詰検索の効果はなくなります)。
  9. 余詰検索をする場合は、最初に見つけた詰手順をベースとして、この手順から分岐する別の詰手順を「YoTsume_Second」で設定した時間の間、最大20通りまで検出して表示します。
  10. 余詰検索の終了時には、最初に見つけた詰手順を本解答として出力しますが、途中で中断を押した場合は詰手順が出力されませんのでご注意ください。また迂回手順や非限定手順など、本来余詰ではなくキズとして扱われる手順を余詰として指摘する場合があることをご了承ください。

【2018年12月8日追記】
下記のサイト(81将棋.COM)にて、脊尾詰の使い方を図面入りで分かりやすく解説いただいています。ありがとうございます。
詰将棋を解くソフトを無料でダウンロード!余詰チェックも可能!!

今週の詰み筋 (連載 Vol.38) 2019.4.1

3月31日に行われた第16回詰将棋解答選手権チャンピオン戦に参加してきました。初参加した昨年に続いて、2回目の参加です。その自戦記と、脊尾詰の解答手順および解答時間を掲載します。

昨年の成績は、40点で参加者105人中で67位でした。そのときは、「この一年間、スピードを鍛えて、またリベンジしたいと思います。」と感想を述べていたものの、この1年間、詰将棋を解く練習は、特に何もしませんでした。そして大会2週間前になり、これではいかんと一念発起して、将棋世界誌のバックナンバーでまだ解いてなかった問題(詰将棋サロンや懸賞詰将棋)6ヶ月分を解いて、期末試験前の高校生のような直前練習をしました。その効果としては、余計な変化手順を読み飛ばして、なるべく早く作意手順に到達するコツのようなものが、少し掴みかけてきたかなぁ、という感触でした。




【@脊尾詰解答】
▲5二飛打△1三玉(22)▲1二金打△2三玉(13)▲1五桂(27)△同歩(14)▲1四銀打△同と(24)▲4五馬(36)△2四玉(23)▲2二飛成(52)△同馬(44)▲3四馬(45) まで13手詰
 (SeoTsume1.2 探索局面71434  思考時間0秒) 正解

【@脊尾自戦記】
2手目△1三玉の局面が、馬の働きで不詰感が強かったので、初手▲1二飛とかの余分な王手を結構、読んでしまいました。2七に配置された桂馬がどう働くのか考えると、1五に跳ねて使うしかないので、5手目は▲1五桂と跳ねることになり、△同歩と取らせた意味を考えると、空いたスペースに▲1四銀と捨てることになりますので、以下、▲4五馬以下の収束が浮かんできます。消費時間20分で、正解でした。




【A脊尾詰解答】
▲8四角打△5七桂打▲1九飛打△4八玉(39)▲3七銀打△4七玉(48)▲4九飛(19)△同桂成(57)▲4八銀(37)△同成桂(49)▲3七金(36)△同玉(47)▲7三角成(84)△4七玉(37)▲4六馬(73) まで15手詰
 (SeoTsume1.2 探索局面89261  思考時間0秒) 正解

【A脊尾自戦記】
一見すると、全く詰み筋がないように見えますが、▲1九飛と打ってみると、合駒がない(角銀は品切れ)ことに気付きます。ただし、初手いきなり▲1九飛だと、△4八玉、▲8四角に△5七香成とされて詰まないので、初手に▲8四角と打ちます。▲8四角は限定打で、▲9三角だと、2手目△4九玉の変化が詰みません。以下は、スラスラと正解手順に辿り着きました。消費時間15分で、正解でした。




【B脊尾詰解答】
▲3八香打△同馬(48)▲3七香打△同馬(38)▲3四銀成(23)△2五玉(35)▲2四成銀(34)△3五玉(25)▲2五成銀(24)△同龍(26)▲2七桂打△同龍(25)▲4七桂打△同馬(37)▲3四龍(54)△4六玉(35)▲2四角(15)△同龍(27)▲3八桂打△同馬(47)▲3六龍(34) まで21手詰
 (SeoTsume1.2 探索局面128579  思考時間0秒) 正解

【B脊尾自戦記】
詰め上がり図の局面(2四角捨てて、3八桂打って、最後3六龍まで)はすぐに浮かんだのですが、そこに至るまでの手順、持ち駒の桂香をどういう順番で打ち捨てたら良いのか、いろいろ考え尽くしたのですが、正解手順に辿り着きませんでした。5手目に▲3四銀成以下、銀を捨てて1五角の利きを通すのが、上手い手順です。それが浮かばず、この問題に1時間近くを浪費してしまいました。2三銀の配置の意味を考えれば、良かったですね。この問題は、不正解でした。



【C脊尾詰解答】
▲6五銀打△同玉(54)▲7六龍(79)△5四玉(65)▲6四と(63)△同玉(54)▲6三桂成(75)△5四玉(64)▲6四成桂(63)△同玉(54)▲6七龍(76)△6六歩打▲6三金(62)△同桂(71)▲6六飛(86)△5五玉(64)▲6四角(97)△5四玉(55)▲5五歩打△同桂(63)▲5三角成(64)△同玉(54)▲6二飛成(66)△5四玉(53)▲6五龍(67) まで25手詰
 (SeoTsume1.2 探索局面114016  思考時間0秒) 正解

【C脊尾自戦記】
全く考えませんでした。Bに時間を浪費してしまいましたので。次回以降は、30分考えて解けなければ飛ばす、とかのルールを作らねばと思います。不正解。




【D脊尾詰解答】
▲1四龍(18)△6五玉(54)▲5五金(46)△同玉(65)▲4六金(37)△6五玉(55)▲5四龍(14)△同香(51)▲2九馬(19)△3八飛打▲同馬(29)△同と(27)▲4五飛打△5五角打▲同飛(45)△同香(54)▲4七角打△5六香打▲同角(47)△同香(55)▲6六香打△7四玉(65)▲8六桂(98)△同金(87)▲4一馬(42)△6三飛打▲同馬(41)△同香(61)▲7五歩打△同玉(74)▲8五飛打△同金(86)▲同と(95)△同玉(75)▲9六飛成(92)△同玉(85)▲8六金打 まで37手詰
 (SeoTsume1.2 探索局面317032  思考時間1秒) 正解

【D脊尾自戦記】
時間がなく、全く考えませんでした。不正解。前半戦は、2問正解で、40点でした。


ここからは、後半戦です。



 (SeoTsume1.2 探索局面154391  思考時間0秒) 正解

【E脊尾詰解答】
▲2四桂打△同歩(23)▲4四桂打△3三玉(32)▲2二角打△4三玉(33)▲4二角成(64)△同玉(43)▲3一角成(22)△4三玉(42)▲5三金打△同香(51)▲3二馬(31) まで13手詰

【E脊尾自戦記】
持ち駒に桂馬が2枚もあるので、初手は2四桂と打って、退治封鎖することになります。これを打たないで、初手に単に▲4四桂と打ったらと考えるのは邪道で、何はともあれ▲2四桂です。以下、スラスラと数分で正解手順が浮かびました。綺麗な手順なので、このまま解答を書こうかと思いましたが、一応、変化手順を確認しました。2手目△4三玉の変化が意外と難しくて、ここで5分以上を浪費してしまいました。無駄な変化読みと思いましたが、もし万が一、ここで間違えたら痛すぎますからね。消費時間15分で、正解でした。




【F脊尾詰解答】
▲5八銀打△7八玉(69)▲6七銀(58)△6九玉(78)▲8七角(54)△同と(86)▲5八銀打△6八玉(69)▲4七銀(58)△6九玉(68)▲7八銀(67)△同と(79)▲5九龍(48)△同玉(69)▲5八馬(94) まで15手詰
 (SeoTsume1.2 探索局面18375  思考時間0秒) 正解

【F脊尾自戦記】
4手目までは必然手順ですが、5手目▲5八銀打以下の紛れ手順をかなり読んでしまいました。▲4七銀に対する△7七玉の変化に備えて、5手目に▲8七角と捨てておくのがポイントでした。以下は、龍を捨てて、綺麗に収束します。消費時間20分で、正解でした。




【G脊尾詰解答】
▲6九角打△3六桂打▲同角(69)△同成銀(46)▲2六桂打△同成銀(36)▲2四と(23)△同桂(32)▲2六角(15)△1六桂(24)▲1五銀打△1三玉(14)▲3五角(26)△2二玉(13)▲1三角成(35)△同玉(22)▲1二金打 まで17手詰
 (SeoTsume1.2 探索局面423207  思考時間1秒) 正解

【G脊尾自戦記】
配置からして、初手は遠角を打つ一手ですが、▲6九角か▲5八角かは、少し迷うところです。▲5八角は、△同龍とされたときが詰まないので、▲6九角が正解です。7手目、▲2四とに代えて、▲3三角成の紛れをかなり深く読んでしまいました。7手目▲3三角成に対しては、△1七成銀と移動合をすることになるのですが、これが結構、正解手順っぽいので、はまりました。でも、はっきり詰まないと分かったので、反省して読み直して、▲2四と以下の手順に気付いてからは、正解手順がすぐに浮かびました。消費時間30分で、正解でした。




【H脊尾詰解答】
▲5一龍(54)△4一銀打▲3三香打△3二銀打▲4二桂成(34)△2二玉(31)▲3二香成(33)△同銀(41)▲同成桂(42)△同玉(22)▲5二龍(51)△3三玉(32)▲5三龍(52)△4三桂打▲4五桂打△3四玉(33)▲5四龍(53)△4四金打▲3三桂成(45)△同玉(34)▲2四銀打△3二玉(33)▲5二龍(54)△4二飛打▲3三銀打△2一玉(32)▲2二銀成(33)△同飛(42)▲3三桂打△1二玉(21)▲2二龍(52)△同玉(12)▲2一飛打△3二玉(22)▲4一飛成(21)△2二玉(32)▲2一龍(41) まで37手詰
 (SeoTsume1.2 探索局面2547802  思考時間5秒) 正解

【H脊尾自戦記】
初手から、▲3三香、△3二銀、▲同香成、△同玉、▲2四桂、以下の誤った手順で詰ましてしまいました。初手▲3三香には、△2一玉で詰まないのですが、この変化がスッポ抜けてしまっていました。消費時間20分で、不正解でした。




【I脊尾詰解答】
▲8六馬(96)△6四歩打▲3六飛(66)△3五歩打▲同飛(36)△同桂(23)▲4二銀(43)△2一玉(31)▲7六馬(86)△6五歩(64)▲同馬(76)△1二玉(21)▲1三歩打△1一玉(12)▲6六馬(65)△5五歩打▲1二歩成(13)△同玉(11)▲6七馬(66)△5六歩(55)▲1三歩打△2一玉(12)▲7六馬(67)△5四桂打▲同馬(76)△同飛(51)▲2二歩打△1一玉(21)▲2三桂打△2二玉(11)▲3三銀成(42)△2一玉(22)▲1一桂成(23)△同玉(21)▲1二歩成(13)△同玉(11)▲2三馬(24)△2一玉(12)▲2二成銀(33) まで39手詰
 (SeoTsume1.2 探索局面3520528  思考時間7秒) 正解

【I脊尾自戦記】
時間がなく、ほとんど考えませんでした。消費時間5分で、不正解でした。


■全体を通して振り返ると、
脊尾自身は、得点は50点で、順位は60位でした。昨年よりも、少しだけアップしました。反省点としては、駒の配置の意味(Bの2三銀など)や作者の意図をしっかりと考えて、余計な変化読みを省けるようにしたいです。
脊尾詰の方は、トータル消費時間14秒(1秒未満は切り捨て)で、前問正解(100点のはず)でした。脊尾詰が1秒以上を消費したのは、多いほうから順に、I7秒、H5秒、G1秒、D1秒、でした。

■「今週の詰み筋」バックナンバー


パナソニック将棋部ホームに戻る

inserted by FC2 system inserted by FC2 system